メインビジュアル
薪ストーブ
薪ストーブの特徴

薪を割り、くべ、燃え具合を見ながら焚く。灰をとって煙突を掃除する。薪ストーブには人の肌にあった暖かさと心をときほぐす温もりがあります。
でも石油や電気になれ、簡単・便利・合理性を追い求めつづけてきた現代のくらしにくらべて薪ストーブはわずわしいものです。
焚き火をする光景もみられなくなり、木を切り、火を燃やすという生活技能すら失いかけている現代人にとって薪ストーブは魅力のある物になってきました。でもちょっと気になっているのは、輸入ストーブのカタログなどをみると、インテリアやおしゃれな家具のようにあつかわれていることです。野暮ですね。 日常のくらしのなかでごく普通に炎をくらしに活かし、火を使いこなすことこそ薪ストーブの良さであり醍醐味でしょう。

画像2
温くぬくとした 人の肌にあった暖かさの秘密は 輻射熱

薪ストーブの暖かさを経験した人はその暖かさだけでなく 柔らかな人 心地よい温もりを知っています。石油や石炭、電気、ガスのストーブとは違う温もりの秘密は輻射熱にあります。
輻射熱は光のように人に届きます。他のストーブはガスや石油を燃やした排気熱を部屋に放出して空気を暖めますが、薪ストーブは薪の燃焼で暖められた鉄と炉のなかのオキから放射される輻射熱で直接人の身体や部屋を温めます。極端に言えば部屋の空気は冷えていても光のように当たる輻射熱で人は暖められ温かく感じるのです。薄い鉄ではなく厚い鋼板からでる輻射熱は豊富なだけでなく柔らかく優しく強いのです。
もちろん部屋の空気も輻射熱やストーブ・煙突の熱によって暖められます。

薪ストーブは換気装置

しかも 薪ストーブは他のストーブと異なり部屋に温かさだけを残して燃焼した排気を煙突から屋外にだします。 部屋の空気を使って燃焼し、使った空気は煙として煙突から排気しますから ほどよく部屋の換気が行われています。
私が薪ストーブで好きなことは、音がしないこと
薪ストーブは、静かです。炎のゆらぎのなかから時おり薪のはぜる音がかすかに聞こえるだけです。モーターもなければファンもない、電気のうなりや石油のポコッという音すらありません。機械的な音になれた現代人にとっては不安になる静寂ですが、つつみこむような温もりがやすらぎをあたえてくれます。

臭いもありません

桜など木の香よい薪をそばにおけば乾燥するかすかな香りを楽しむこともできます。
でも、部屋の中はいいのですが煙突からでる煙には時として匂いがあります。「煙がでない」とか「完全燃焼だから大丈夫」といった過剰宣伝をしている業者もいるようですが、特に着火しばらくや薪の状態(水分が多い)、焚き方、そして樹種によっては煙が見え、匂いがでます。なぜなら匂いの粒子が燃えるには1300℃位の温度で常時燃焼する必要がありますが、薪ストーブではできない環境です。また「煙」も白い煙はほとんどが水蒸気=水ですから燃えることはありえないからです。
もちろんサクラのチップが燻製スモークによく使われるように、リンゴの木の薪の煙はリンゴの、ミカンならミカンの香りがします。松などは「松脂の燃える匂い」と刺激臭に例えられるように臭います。 
困ったことに、香水と同じで、ある人には「香り」であっても別の人には「嫌な臭い」と感じられるように個人差があります。ストーブや煙突の構造である程度は解消しても根本的にはこれは使う人のモラル 近隣への配慮の心で解決するしかありません。

薪ストーブの設置事例
画像5

室内設置①

画像5

室内設置②

画像5

外部煙突の施工

画像3

  

画像3