メインビジュアル
蓄熱暖房器

蓄熱暖房機とは、安い深夜電力を利用し、 電熱線に通電して発生させた熱を蓄熱して、昼間は通電せず、蓄熱した熱で部屋を暖める暖房器具です。
蓄熱暖房器は、安い深夜電力を使用するので経済的なメリットがあり、遠赤外線により、ポカポカとした心地よい暖が得られます。
また、燃焼せず暖が取れるので、室内の空気を汚しません。

画像2
蓄熱暖房器が選ばれている理由

リビング暖房に最適

蓄熱暖房器は、お得な深夜電力を使うので電気代が安いばかりでなく、生活面でいろいろなメリットがあります。

・24時間陽だまりのような温かさ
・火を使わないから空気がキレイ
・結露 ダニ カビを抑える
・燃料補給の手間いらず

お年寄りの部屋にも最適

冬はどうしても夫婦2人で家にいることが多いですね。
使う時間が長いほどコストがかかる今までの暖房機と違い、蓄熱暖房器は24時間暖房で、深夜電力を使用するので電気代が助かります。


廊下や脱衣所にも

夜トイレに起きると、廊下やトイレが寒いですよね。
蓄熱暖房器があれば夜も暖かで、ヒートショックを防止してくれます。

画像2
WSP蓄熱暖房器の経済性

割安な深夜電力を使って夜の間に蓄熱するので、灯油やガスに比べてとても経済的です。
マイコン割引でさらにお安くなります。


※1=8時間蓄熱・16時間暖房(蓄熱時間中にも自然法熱を行います。)

画像2
WSP蓄熱暖房器の設置事例
画像5

室内設置事例①

画像5

室内設置事例②

画像5

室内設置事例③

画像11
製品紹介

WSP-TEJ(時間帯別伝電灯契約対応機種)

・操作性と機能を充実させたAEGの最高級モデル。
 リビングや書斎などもっとも大切なお部屋の暖房にお勧めします。
・リモコンで簡単操作。
 離れた場所から簡単操作。おやすみタイマーや追い炊きもお手元で。

画像2

WSP-LJT(時間帯別伝電灯契約対応機種)

・窓下設置に最適
 窓下に設置することにより冷気の侵入を防ぎ、足元も均一にモラなくお部屋を暖めます
 標準的な腰高窓の横幅にすっぽり収まりますのでお部屋の景観や採光を損ねません。
 ※WSP-LJTは外付けタイマー(付属品)の設置が必要です。

画像2

WSP-SEJ(時間帯別伝電灯契約対応機種)

・機能的デザイン
 奥行き220mmの薄型設計です。
 スタイリッシュなデザインです。
・優れた放熱特性
 自然対流式ですが、バイメタルダンパーにより朝の放熱を少なくし、
 夜間まで熱量を有効に活用します。

画像2
独自の制御システム

シーズンセンサー

これからの蓄熱暖房器はらくらく操作がキーワード。
外気温にあわせて蓄熱量を自動コントロール


春先など日々、外気温の変化が激しい季節だけは、蓄熱量の設定に気をつかいます。そこでシーズンセンサーを採用して頂ければその日に必要な蓄熱量を自動的に蓄えます。余分な蓄熱をしないので、省エネにもなります。

画像2

ソフトファンコントロール

ソフトファンコントロールで快適空間。
設定室温と残熱量に応じて放熱量を自動制御。

人の体はとてもデリケート。室温がわずか2℃でも変化すると暑さ寒さを感じとってしまいます。ソフトファンコントロールにより、蓄えた熱を有効に放熱し、室温を一定に保ちます。

■動作イメージ
条件:室温を22℃に設定した場合

検出温度
18℃の場合:通常の風量
21℃の場合:自動的に風量を落とす

※検出温度が設定の3℃以内に入ると自動的に風量を落とし余分な放熱を防ぎます

画像2