メインビジュアル
RO(逆浸透膜)浄水器

安心と信頼の「ピュアウォーター」
RO-逆浸透膜浄水システムであなたの「ウォーターライフ」が変わります。

画像4

身体をつくる最適なピュアウォーター

画像4

使いたい放題なのは非常に便利

画像4

赤ちゃんのミルクや離乳食にも安心

画像4

素材本来の味風味を引き出します

逆浸透膜とは

逆浸透とは、浸透膜の効果を逆手に取った浄水システムです。膜で分けた水槽の一方に真水を入れ、もう一方に濃度の高い液体を入れます。そうすると、真水から濃度が高い液体へと水分子が移動し、互いの濃度を一定にしようとします。この水分子が濃度を一定に保つために移動しようとする圧力を浸透圧といいます。
逆浸透とはこれの逆の作用を起します。つまり、濃度の高い液体に、水分子の浸透圧よりも強い圧力をかけ、濃度の高い液体側から水分子を移動させるのです。こうすることにより、不純物のない真水を作ることができるのです。この効果のことを、逆浸透効果と言います。

逆浸透膜浄水器

逆浸透膜はあらゆる不純物を95%以上除去!
フィルターは水分子レベルの孔
今までの浄水器は水道水をフィルターに流してゴミを引っ掛けて除去する様なイメージです。フィルターは不純物を溜め込み、次第に目詰まりして能力は落ちて行きます。 これに対し逆浸透膜(RO)システムの心臓部メンブレンフィルターの水分子一つと余り大きさの変わらない孔を通して水道水から水分子を採り出し、不純物の混ざった残りの水はメンブレンフィルターを洗いながら器外へ排出されます。水道水を原料として純水を造っているのです。
水道水を原料として純水を造っているのです。   逆浸透膜のパフォーマンスは、あらゆる不純物を95%以上除去!今までの浄水器の常識を覆す逆浸透膜(RO)システム、ですから私たちは逆浸透膜(RO)システムに浄水器という言葉は使いたくありません。水道水から純水を造る、まさに純水製造機です。その純水はどんなミネラルウォーターよりも安全で純度の高い、とても美味しい水です。自然界に存在する水では、高い山の上に降る雪をそのまま溶かした様な水です。 ※逆浸透膜の孔のサイズを「0.0001ミクロンの超微細な孔」と水分子1つの大きさと比較して表現されます。しかし実際には水分子よりも小さな不純物も除去してしまいますし、0.0001ミクロンの世界は電子顕微鏡で見ても熱振動をしている為、孔の大きさを確認する事はできません。

画像2
逆浸透膜(RO)の原理

逆浸透膜はなぜ水分子よりも小さな物質まで分離除去できるのか?
水道水から35%~40%の水分子を分離回収して浄化水とし、残りの不純物を含んだ濃縮水が浸透膜を洗浄しながら排水されます。
>フィルターに不純物を溜め込まないので浸透膜は3~5年と長寿命です(使用量、水質によりフィルター寿命は変動します)。
浸透膜のしくみ
浸透膜で仕切られた両者の濃度が同一となるよう溶媒である水分子が移動します。つまり濃度の高い液体を薄くする様に水分子が移動するのです。その水分子の移動しようとする力を浸透圧と言います。
逆浸透とは”逆に浸透すること”
これに対して濃度の濃い側の液体に圧力をかけて、水分子を浸透膜からしみ出させ、通常の浸透膜の動きと逆向きの動きをさせます。これが逆浸透です。
フィルターは水分子より少し大きな穴
メンブレンフィルターは0.0001ミクロンと水分子一つと余り大きさの変わらない孔が開いていると言われています。実際には分子原子レベルの大きさのものは電子顕微鏡で見ても、熱をもっている以上、振動していますので大きさを測る事はできません。
>このサイズになると細菌や大きな分子構造の不純物は通れません、しかしこれだけでは水分子と余り変わらない大きさであるイオン状態の重金属や塩素等を除去出来る説明にはなりません。
>浸透膜の穴の大きさが水分子2つが並ぶ大きさより小さくなると浸透膜表面は溶媒である水分子の膜で覆われ、その水分子の膜の中には溶質であるイオンは入り込めない状態になり、浸透膜の穴を行き来するのは水分子だけとなります。それにより、水分子と余り大きさの変わらないイオンサイズの不純物も分離除去できるのです。
>以上の説明は逆浸透膜に起こる現象から推測した諸説の中の代表的なものです。他にも水分子が水素原子部分は+に、酸素原子部分は-に分極しているため、-イオンと水素原子部分の+が、あるいは+イオンと酸素原子部分の-が引き合い、イオンに水分子が取り付く事により構成半径が大きく成るため、逆浸透膜の孔を通過出来なくなるとする説もあります。
>この説は水中に溶解してイオンの形態をとりにくいホウ素の除去率が下がってしまう事に説明がつきます。他には逆浸透膜の孔の側面に水分子が引き寄せられ中央部の水分子の存在比率が下がる事によりイオンが溶けている事が出来なくなり分離されるとする拡散説等が主なところです。拡散説だとすると孔の大きさは一般に言われる0.0001ミクロンよりかなり大きい事になります。
>実際には膜自体の厚みもかなりありますしので孔の形状は網目というよりは、ナノレベルの世界ではトンネルという表現の方が合うような気がします。
よく逆浸透膜の孔のサイズに使われる0.0001や0.0003ミクロンの表現は一般の方に分かり易く説明するための推測値だと思います。

浄水器性能比較

浄水器の性能を比較検証し、どの物質がどのくらい除去できるかを表にいたしました。皆さんがお使いになっている浄水器は何がどの位、除去出来るのかご存じですか?

浄水器の性能比較表
セラミック イオン交換 マイクロフィルター 活性炭 逆浸透膜
塩素・カルキ臭 ×
カビ臭 × × ×
赤サビ・鉛など ×
トリハロメタン × × ×
トリクロロエチレン × × ×
TOX × × ×
細菌 × ×
重金属など × ×
○=充分取れる △=条件によっては取れる ×=取れない

様々な有害物質に対応できるのは逆浸透膜式だけ
浄水器にはその方式により様々なタイプがありますが、特定の物質はとれても、様々な有害物質に対応出来る浄水方式は逆浸透膜式だけです。
有害物質の除去性能に注目
特に砒素やマンガン等、イオンサイズの有害物質になると除去性能の差ははっきりしてきます。イオン交換式もイオンサイズの有害物質を除去可能ですが、樹脂に吸着させる方式の為、持続性に欠け、フィルター交換が頻繁となるでしょう。
複合式の浄水システムには限界が…
活性炭とマイクロフィルター(中空糸膜)を組み合わせたものが一般的には多く、中には鉛イオンまで対応する浄水器もありますが、それでも除去出来る物質は限られています。
分かり易く表現すると水中に浮遊している様な大きな物質は除去出来きても、完全に水に溶けてイオンの状態で存在する溶解性の不純物については逆浸透膜式でなければ継続して除去出来ないという事です。
除去性能データの確認が大切
除去性能に関するデータが表示されているのかどうかが大切です。例え安価な浄水器であっても効果が何を何%除去出来るのかわからない気休め程度のものならば、それは無駄なお金です。弊社のROシステムは国内での除去性能試験を行っております
逆浸透膜フィルターが除去できる物質
右の表は分かり易く表現するために、除去可能な物質から逆浸透膜の穴の大きさを仮定し、様々な有害物質の大きさを比較したものです。その穴の大きさは水分子1個より少し大きく、水分子2個は並べない大きさです。しかし逆浸透膜の本当の実力は水分子と同じ位、あるいは水分子より小さな不純物をも分離除去出来てしまうところにあります。

画像2
画像11