水の話Story of water
安全と言われる日本の水道水、夏でも冷たくて美味しいと言われた井戸水、
でも現在では多くの人がその安全性に疑問を持ち始めています。

一方で心ない業者が消費者に方に植え付ける過度の恐怖心と非科学的な俗説がまるで真実かのごとく流布されています。正しい物を選択するためには正しい知識が必要です。人任せではなく自らが判断し選択しなければなりません。逆浸透膜浄水器は安全な水を求める方にとっては、正にその答えとなる浄水方式です。

水道水/井戸水の危険性について

井戸水に含まれた砒素で子供に健康被害!
茨城県神栖町で起きた井戸水の砒素汚染は、その水を飲み続けた子供が知らずの内に砒素中毒となり、不幸な結果をまねきました。
砒素、硝酸、マンガン等は地下水への汚染が増えている物質です。井戸水検査の基本10~13項目には砒素、マンガンは入っていません。 水質検査はあくまでも検査した項目について安全を確認しているに過ぎません、検査していない項目については「安全かどうか判らない」と言う事です。 水道基準と同様の50項目の検査費用は20万円位となり、個人宅が毎年、あるいは半年毎に検査を行うのは現実的ではありません。
鉛中毒(平成元年以前の水道工事に使われた鉛配管
茨城県神栖町で起きた井戸水の砒素汚染は、その水を飲み続けた子供が知らずの内に砒素中毒となり、不幸な結果をまねきました。
砒素、硝酸、マンガン等は地下水への汚染が増えている物質です。井戸水検査の基本10~13項目には砒素、マンガンは入っていません。 水質検査はあくまでも検査した項目について安全を確認しているに過ぎません、検査していない項目については「安全かどうか判らない」と言う事です。 水道基準と同様の50項目の検査費用は20万円位となり、個人宅が毎年、あるいは半年毎に検査を行うのは現実的ではありません。
美味しいと言われていた井戸水が
また美味しい水と言われてきた井戸水も農薬の過剰施肥による土壌汚染で硝酸性窒素、亜硝酸性窒素が水道の許容基準値を遙かに超えて検出されているところがあります。
原水段階で汚染されていて、
浄水処理でも完全に除去出来ないもの
シマジンなどの農薬
トリクロロエチレンなどの塩素化有機物、2ーMIB(2-メチルインボルネオール)
浄水処理過程で生成されたり
混入されたもの
トリハロメタンなどの塩酸化有機物
遊離残留塩素
浄水場から蛇口までの過程で
汚染されたもの
鉄、銅、溶解性鉛などの重金属
私たちの体のおよそ70%を占める水、その水に安全を求めた時、私どもは逆浸透膜(RO)システムに行き着きました。「安全で美味しい水」をご提供するために、ほとんどの不純物を95%以上除去できる浄水システムである逆浸透膜(RO)システムを御提案させて頂きます。
ROシステムの水は安全なだけではなくとても美味しい水です。

ROシステムの水は安全なだけではなくとても美味しい水です。
RO水はどんなミネラルウォーターよりも純度の高い水です。水に完全に溶け込んでいる不純物の量はわずか2~10ppm以下、日本の水道水で100~160ppm、軟水系のミネラルウォーターで60~70ppmの数値(TDSメーターによる計測)という数値と較べればRO水の純度の高さが良く解ります。
水道水中の塩素は塩辛さを舌に感じさせます。主な不純物である塩素を全く含まないRO水を口にしたほとんどの方は甘さを感じると言います。
素材本来の味と栄養を引き出します

不純物を含まないROシステムの水は素材の成分を溶かし込む力が強いので、素材の味、栄養を充分に引き出します。お茶、コーヒーからお味噌汁、洗米まで存分に純水が使えます。ミネラルウォーターではコスト的にも洗米まで使いがたいのではないでしょうか。
重いペットボトルを運んで、使って、処分する。ご家族の口に入る水を全てミネラルウォーターにするのは大変な労力と費用が掛かります。ROシステムをお使いになればミネラルウォーター以上の純度の純水が好きなだけお使いになれます。
ご飯もふっくら美味しく炊けます。塩素を含まないRO水で炊いたご飯は時間をおいても黄色く、臭くなりにくいのです。
全ての調理水にお使い下さい!!

RO水には素材の味を変える不純物が存在しません。溶かす力の強いRO水は素材の持つ旨味を充分に引き出します。
体を造るのに最適なRO水
RO水で作ったお料理は美味しいだけではなく素材の持つ栄養がしっかり引き出されています。その栄養を皆さんの体に運ぶのは水です。


皆さんの体の中では水に溶けた栄養が吸収されて行きます。不純物の無いRO水は目一杯の栄養素をその中に溶かし運びます。私たちの体を造るのに正に最適の水です。

資料請求・お問い合せの窓口
TEL:0566-97-6887 (受付時間:平日09:00~21:00/土日祝祭日10:00~17:00)
FAX:0566-98-2506 (24時間受付) お問い合わせ